エコ

肺癌の種類

最近はタバコの値上がりにより喫煙者の数が減ってきて
いますね。また、値段だけが喫煙者の数を減らしているのではなく
周りに与える影響からも喫煙者は減ってきています。

 

タバコが嫌われる一番の原因が肺癌を引き起こすことが挙げられます。
日本では肺癌による死亡率が全ての癌による脂肪の19%を占めています。
全ての癌の中で一番死亡率が高い癌になっています。

 

肺癌の発病は喫煙暦がある人に多く見られ年代は50代に最も多くなっています。
一口に肺癌と言っても種類があります。
「せん癌」「大細胞癌」「小細胞癌」「扁平上皮癌」の4種類があります。
せん癌は腺がんは、肺の奥のほうのこまかく枝分かれした先にできる癌で
タバコを吸わない人にできる肺がんの多くがこの腺癌で、肺がん全体の
半数程度を占めます。

 

「扁平上皮癌」はタバコとの関係が濃厚で肺の入り口に近い部分にできて
肺がん全体の25〜30%を占めています。
「大細胞癌」とは癌細胞の大きなものを言い、肺がんのうち数%を
占めるくらいです。

 

「小細胞癌」は他の肺癌にくらべて、進行が早く転移もしやすい肺癌の中でも
悪質な癌です。 肺がん全体の10〜15%を占めます

 

肺癌は酸素を取り入れる肺機能が犯されるので、呼吸が苦しくなり
とても辛い癌です。進行してきた場合は酸素マスクをしていなと
呼吸ができなくなってきます。
癌の中でも肺癌は苦しむ度外が激しい癌として知られています。

 

関連ページ

高温での反復入浴法
あくまでも、っぽい 無理しない☆
育毛生活を始めることでハゲが防げる!?
あくまでも、っぽい 無理しない☆
顔の神経痛本当にイヤですね
あくまでも、っぽい 無理しない☆
飛蚊症のほとんどは病気でないもの
あくまでも、っぽい 無理しない☆