エコ

飛蚊症のほとんどは病気でないもの

確かに飛蚊症のほとんどは病気でないものです。
例えば、後部硝子体剥離が原因の場合もリスクが伴うため飛蚊症を
治すためだけに手術を行うことはありません。

 

しかし、ときに思いがけない病気が原因となっていることがあります。
そのため、症状を感じたら早めに眼科で検査を受け、医師の指示に従って
ください。

 

眼の病気であった場合、早期発見と早期治療が重要です。

 

生理的な飛蚊症は単純に「水晶体内の濁り」によるもので、
視力低下にはつながらないのが普通です。しかし飛蚊症には病的
なものもあり、その場合は視力低下につながることがあります。

 

そのため、治療が必要かどうかの判断基準として視力低下があ
げられると思います。ただし視力低下はストレスや疲れでも起きる
ため飛蚊症が関係しているかを判断することができません。

 

またその他にも、かすみや光視症(光が飛ぶ感じ)や視野の一部が
見えにくいなどの症状がある場合は、眼の病気が疑われます。

 

だから会うと言って気になる人は気になるわけで、それは心の
持ちようということもあるかもしれませんまた慣れもありますから
それほど神経質になる必要はないと思います。

 

関連ページ

高温での反復入浴法
あくまでも、っぽい 無理しない☆
肺癌の種類
あくまでも、っぽい 無理しない☆
育毛生活を始めることでハゲが防げる!?
あくまでも、っぽい 無理しない☆
顔の神経痛本当にイヤですね
あくまでも、っぽい 無理しない☆